競馬でかかる税金の計算方法と確定申告のやり方【最悪の場合罰金あり】

こんにちは。

くまなりブログ管理人のなかちゃんです。

 

そういえば…

今まで調べてこなかったけど、

  • 競馬の税金ってどうやって計算しているのだろう?
  • 確定申告ってどうやってするのかな?

と思っている人が多いと思います。

競馬を定期的に楽しんでいる人や、たまたま高配当の馬券を的中した人まで不安になると思います。

 

このページでは、そんな人に向けて「競馬でかかる税金の計算方法と確定申告のやり方」を詳しくシェアしています。

これで慌てることなく、安心して確定申告をしてくださいね♪

そもそも競馬に掛かる税金はどんなもの?

競馬でかかる税金は一時所得というものになります。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

国税庁ホームページより

分かりにくいと思いますが、競馬や競輪。懸賞や福引きなど。いわゆる臨時収入になるものを一時所得といいます。

競馬はギャンブルなので、臨時収入となり、一時所得になります。

競馬でかかる一時所得の計算方法

(配当金ー馬券購入代金ー特別控除50万円)÷ 2
=税金対象

例①

3連単を2万円1点購入し見事的中。配当金は100万円。

(100万円ー2万円ー50万円)÷2=24万円

ちなみに、

  1. 外れ馬券は経費にならない。
  2. 1レースごとの金額ではなく、年間(1~12月)の獲得金額で計算します。

株式投資や、FX投資などは「損益通算」という計算方式になっており、「利益」と「損失」を相殺し残った利益が税金対象になります。

しかし、競馬の場合は「損益通算」ではないので、利益分がすべて税金対象になってしまします。いくら競馬で外れても外れ馬券の「損失」は損失のまま。利益と損失で相殺はありませんので、注意が必要です。

年間で、100万円の的中馬券があり、100万円分の外れ馬券があったとしても、プラスマイナスゼロにならないので、的中馬券の100万円に対し、計算をした金額が税金対象になってしまいます。

詳しくは、≫参考:競馬って税金かかるの?過去の裁判から見るバレない方法を参照してください。

申告をしない人が多い件

公営ギャンブルで得た一定以上の所得は一時所得や雑所得として申告する義務がある。検査院が2015年に1回の払戻金が1050万円以上だったケースを公営ギャンブル主催者から聞き取ったところ、計約530口、約127億円の払戻金があった。

一方、15年分の確定申告で1千万円以上の一時所得や雑所得を税務申告した全国の約1万8200件を調べると、1050万円以上の払戻金を得た人から申告されたとみられるのは五十数件、約20億円にとどまった。

日本経済新聞より

公営ギャンブル全ての数字なので、競馬のみだとここまでの金額にはならないと思いますが、こうやってみると、ギャンブルで確定申告をしない人がいかに多いかがわかりますね。

この引用元の記事は2018年10月の記事なのですが、今後、高額配当者にはマイナンバーの提示義務、配当金は銀行振り込みのみ。などの対処をしていく可能性もあるみたいです。

 

もし、マイナンバーの提示義務が出来てしまったら、脱税なんて全くできなくなりますね…ただでさえ、外れ馬券が経費にならないという不利な状況にあるのに…競馬離れが心配です。

 

よし!申告をしない人が多いのはわかった!

俺も申告しなくていいや。なんて考えはやめておいた方がいいですよ…

確定申告をしないとどうなるの?

①無申告加算税

もし、競馬で儲けた金額を確定申告をせず、税務署に見つかってしまった場合、本来おさめるべき税額に加えて、税額に応じた罰金を払う必要があります。

②延滞税

延滞税といって確定申告の期日を過ぎて申告書を提出した日までの日数分の罰金(利息のようなもの)を払う必要があります。 申告が遅れれば遅れるほど、延滞税も多額になる可能性がありますので、注意が必要です。

③最悪の場合刑事告発も

2015年、2017年には、競馬で”億”以上の利益を上げながらも確定申告をしなかった男性が刑事告発されています。これはニュースになっているだけで実際には、少額の刑事告訴も何件かあるようです。

競馬で高額配当など、多額の儲けが出るようであれば「儲かったんだから多少の税金は仕方ない」と割り切って申告することをお勧めします。

もし刑事告発になったら、弁護士費用もバカになりませんし…

他人事ではありませんよ!

 

こんな人は必ず確定申告をしましょう!

年間を通して50万円以上の配当を獲得した人が前提になりますが、下記の人は必ず確定申告をするようにしましょう。

  1. インターネットを介して馬券を購入している人。
  2. SNSやブログ、youtubeなどで競馬の配当の有無を紹介している人。
  3. 高額馬券を的中させた人。

上記の人は確定申告をしなかった場合、ほぼ間違いなく言い逃れは出来ません。「証拠」がある以上、税務署に目をつけられてしまったら一貫の終わりです。

特に、③の高額馬券を的中した人のなかで、WIN5(ネット投票限定で最高4億円当たる馬券)で、超高額配当で的中した場合は、潔く確定申告を行いましょう。

間違いなくバレます!

 

確定申告のやり方

サラリーマンなど給与所得の人で毎年、年末調整のみで確定申告がが不要。確定申告をやったことがない!という人でも簡単に確定申告をすることができます。

確定申告の提出方法

・税務署に直接持ち込む
・e-Taxを利用する
・郵送する

確定申告の持ち物

・確定申告書
・給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本)
・生命保険料控除証明書や医療費の領収書など(各種控除を受ける場合)

 

一番やっかいなのが、確定申告書ですね。確定申告をやったことのない人が1からやるのは正直大変です。

ネットで税金の計算方法などを調べてにらめっこするのもいいですが、会計ソフトの「freee」でやってしまえば手っ取り早いです。

マニュアルに従ってポチポチ入力するだけで、面倒な計算はすべて自動計算してくれます。

とはいえ、料金がかかってしまうので、確定申告の2週間前になったらfreeeの契約し確定申告をしましょう。

今からfreeeの契約をしてしまうと無駄にお金がかかってしまうので勿体ないです。

≫参考:「freee」

 

以上。

くまなりブログ管理人のなかちゃんでした。